福利厚生
福利厚生

福利厚生

社員一人ひとりが、ワークライフバランスを保ち、仕事に充実感をもって働くことができるよう、
“社員が求めているものは何か”を常に念頭に置き、働きやすい環境・制度を
整備しています。

休日・休暇

休日・休暇

充実した制度で、メリハリをつけて働くことができます。

完全週休二日制

土日祝は休みです。

年次有給休暇

入社直後から最大20日間取得可能です。※入社月で取得可能日が変わります

ポジティブ休暇

年間最大7日間のお休みを自由に取得可能。土日祝と組み合わせることで長期休暇の取得も可能です。※入社月で取得可能日が変わります

創業記念特別休暇

創業記念休暇として4月~5月に1日自由な日に休暇を取得可能です。

結婚休暇

ご本人が結婚の場合は5日、子供の結婚の場合は2日、
兄弟の結婚の場合は1日それぞれ休暇を取得可能です。

社会貢献活動

ボランティア等で社員が申請し会社が認めた日数分休暇を取得可能です。

現場の業務はあらかじめ予定が立てやすいので、業務が空いている日にお休みは取りやすい環境です。上司も有給休暇やポジティブ休暇の取得が滞っていると、早めに休暇を取得する様な声掛けをしてくれるので休みやすい環境が社内にあります。

働きやすさの向上

働きやすさの向上

働きやすさをサポートする制度が整っています。

健康管理への取組み

人間ドック

1日コース:個人負担額の9割会社負担
2日コース:個人負担額の7割会社負担
※30歳以上対象
脳ドック:個人負担額の7割会社負担
※40歳以上対象

インフルエンザ等予防接種(扶養家族含む)
予防接種にかかる費用を会社が全額・一部援助します。

自由に選択できる福利厚生メニュー

会社から一定額の補助金(ポイント)を支給され、ポイントの範囲内で用意された商品の購入やサービスを利用できる福利厚生制度です。

禁煙デー

毎月2日、22日は禁煙デーとし、社員の健康増進を図っています。

従業員が心身共に安心して健康で働ける職場であり続けるため、当社では、従業員の健康保持・増進を目的とした様々な取組みを実施し、”健康経営優良法人”の認定を得ています。詳しい取り組みはこちらから確認下さい。

社宅制度・手当

社宅制度・手当

ライフイベントでの家族の増加、定期的に
行われるジョブローテーションによる転勤でも
安心の制度を整備しています。
働く一人一人に合わせた手当も充実。

社宅制度

会社名義で一般の物件を借り上げ、家賃の83%を会社が負担します。 ※年齢により会社負担率の変更あり

引っ越し支援制度

転勤に伴い発生する引っ越し費用は会社が負担します。
<詳細> 転勤引っ越し費用・赴任旅費・社員や扶養親族の移転旅費・移転雑費
また単身赴任者は、テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機は会社よりレンタル(無料)できます。

特殊勤務手当(待機出勤手当・夜間工事手当)

高速道路インフラを支えるための夜間工事や、また緊急時の呼び出し対応に際し給付します。

通勤手当

月額最大5万円、高速道路を利用する場合は月額最大10万円を給付します。

資格手当

会社で指定する資格を取得すると資格手当が支給されます。
(一例)一級・二級建築士、各一級・二級施工管理技士、消防設備士、無線系資格、工事担任者資格、第一種・二種電気工事士など多数指定資格があります。

その他

扶養手当、住宅手当、単身赴任手当、特別都市手当、現場管理手当、出向手当を条件に合わせて給付します。

社宅制度は住居費が安くなるので嬉しい制度です。入居できる物件も会社が複数提示してくれるので、気に入った物件に住むことが出来ますよ。

出産・育児に関する支援

出産・育児に
関する支援

妊娠、出産、育児といった大きなライフイベントも
支える制度を整備しています。

出産・育児休暇

産前産後休暇制度、育児休暇制度

配偶者の分娩

3日以内の特別休暇が取得可能です。

子の看護休暇・介護休暇

小学校就学前の子の世話(負傷や病気等)や、要介護状態にある家族の世話等を行うために1年間1人につき5日(2人以上の場合は10日限度)取得可能な休暇です。

育児短時間勤務制度

育児を行う社員の勤務時間について、所定労働時間を1日当たり30 分単位で6時間を限度に短縮することができる制度です。

最初の産休に入る前は「復帰後の自分に需要があるのか?」と不安でいっぱいでした。しかし、当時の所長と課長が、復帰後に私が働きやすい仕事の割り振りなど、私の不安を先回りして考えてくださり、「やめなくても大丈夫だよ」と言っていただいたことで、復帰への不安はなくなりました。

教育制度

教育制度の方針

当社の資産は“人”、ステークホルダーからの期待にこたえる人財教育を行い、
今後の高速道路の未来を人の力で支えます。

資格取得支援

技術者として働くには資格は必須。資格取得を目指す社員へ勉強会の開催や、費用面でのサポートも行っています。

  • 資格取得による報奨金制度

    会社の指定する資格を取得した際には、資格手当で定める金額の10カ月分が合格報奨金として支給されます。難易度の高い資格程合格報奨金も高額となりますので、資格取得のモチベーションに繋がります。

  • 自己啓発援助規程

    会社の指定する資格を取得した際には、取得にかかった受験費用や登録申請費用、交通費・宿泊費(100km以上離れた試験会場の場合のみ)が一定額援助される制度です。制度の対象となる資格は90種類以上あります。入社後の知識・スキルアップを目指して資格取得を目指しましょう。

様々な経験を積んで成長するキャリアパスイメージ

キャリアパスイメージ

入社後は点検保守にて施設・設備の理解を深めます。その後は点検保守で培った経験を活かし、工事・設計・管理業務を行います。同じ会社でこれらを一貫して行うことで、課題解決や新たな業務提案が可能となります。

研修プログラムを通じた育成

多様性に対応した人財の育成を行い、建築・設備、情報通信部門のエンジニア集団として、
価値向上に協働できる人財を育成します。

研修全体像はこちら

新入社員研修

新入社員は現場配属前に、一定期間本社で新入社員研修を行います。入社後にトレーナー及びサポーターが選任され、
新入社員の成長を支援していきます。
また、入社数年後にはフォロー研修を開催し新入社員のお互いの成長を確認する機会を設定しています。

ビジネスマナー研修

敬語や電話対応、名刺交換など、社会人としての基礎的な行動を学び学生から社会人へのマインドチェンジを支援します。

ビジネスマナー研修

施設見学

施設見学

宝塚北SA、芦有ドライブウェイ、茨木技術研修センター、道路管制センターなど、高速道路に関連した施設を見学し、現場理解を深めます。

安全教育

現場で大事なことは事故・労働災害を起こさない事です。点検・工事等高速道路作業に起こりうる危険性や、指差し確認のやり方、作業車の点検方法等を学びます。

安全教育

その他研修

階層別研修

階層別研修

入社後の昇格・昇給に合わせ、その階層に求める能力・スキルを会社が啓発する階層別研修を開催しています。会社内の同じ立場の社員と研修するので、様々な考え方や、現場で直面する悩みを共有し、技術力以外の人間力の向上・能力開発を支援します。

法律で定められた業務に従事する場合の特別教育や、特殊な機器の操作資格を得る講習会、
コンプライアンス違反を発生させないための研修など、社員研修の内容も多岐にわたります。

ENTRY
応募する