ファシリティーズで見つけた天職。人の想いをカタチにする設計を極めたい

ファシリティーズで
見つけた天職。
人の想いをカタチにする
“設計”を極めたい

建築

調査設計事業部 建築設計課
建築設計業務
2010年 入社
横溝 祥

仕事内容

多くの関係者とやりとりを重ね、設計図を完成させる

本社の調査設計事業部建築設計課にて、建築物の設計業務を担当しています。高速道路上にあるNEXCO西日本やグループ会社の事務所や、サービスエリア・パーキングエリアなどの新築や建て替えの際の設計図を作成しています。受注から納品までは、4月~翌年3月までの1 年間をかけて、7~8件のプロジェクトを同時進行で行います。
NEXCO西日本からの発注を受けたら、まずは現地調査を行います。実際に建物がつくられる現場へ足を運び、おおまかな平面図と立面図を作成します。1つの建築物に対して、発注時の要望と現地調査の結果を踏まえ、2~3案を提案しています。NEXCO西日本や建築担当者との打ち合わせを経て大枠が決まったら、細部の設計に取り掛かります。

同時に、建築確認申請書を作成して確認済証をもらうために自治体との打ち合わせを行い、その中で話し合った内容も取り入れていきます。設計図が完成したら建築工事に必要な材料の数量を確認し、その建築工事の概算金額を出し、設計図と合わせてNEXCO西日本へ納品します。このような流れで1 年間の業務が進められます。
1年というと、⾧期間で余裕があるように感じますが、多くの関係者との打ち合わせや調整を何度も重ねるため、時間はあっという間に過ぎていきます。限られた時間の中で、修正なしの完璧な設計図を仕上げられるように努力しています。

仕事のこだわり・やりがい

設計は、“想い”を
カタチにする建築の第一歩

私はこれまで、保全や品質管理、施工管理に携わってきましたが、設計の仕事にやりがいを感じています。自分が考えていることを提案できる面白さはもちろん、人の思いをカタチにできることに魅力に感じています。NEXCO西日本から要望を受けた時点では、「このようなものを作りたい」という“想い”があるだけです。設計はその想いを図面に起こす、モノづくりの最初の段階。関係者の皆さんとの話し合いを重ねながら、最初は全く目に見えなかったものを目に見えるようにするのが設計の果たす役割です。最初の頃は思い描いているものをうまくカタチにできず、もどかしい思いもたくさんしましたが、自分のやり方を見出した今は、心から仕事を楽しめています。
分からなかったことが分かるようになったり、難易度の高い設計を担当させてもらえたり、複数案のうち私の素案をベースに進めたいと言ってもらえたりと、日々やりがいと成⾧を感じています。

今後の挑戦

現状に満足せず、
設計のプロフェッショナルへ

私は3年ほど前に一級建築士の資格を取得しています。業務と勉強の両立は非常に大変でしたが、設計が大好きでこれからもずっと設計に携わっていきたいという思いを糧に頑張りました。今後は、より精度を高めるために他の建築関係の資格も取得したいと思っています。
設計を極めるため、日々の業務を完璧にこなしながら資格勉強でも知識を増やして「一緒にできて良かった」、「また一緒にしたい」と思ってもらえる仕事ができるようになりたいです。またどんな大きな案件でも、私に任せれば大丈夫と信頼される存在になりたいです。
これからも関係者の皆さんの思いを表現できる“いいもの”を作り上げていきます。

歩んできたキャリア

2010年
入社
~2011年
九州支店 建築課 保全業務
~2013年
関西支店 大阪高速道路事務所駐在 品質管理・施工管理業務
~2015年
関西支店 新名神大阪西事務所駐在 品質管理・施工管理業務
~2018年
現在 本社 調査設計事業本部 建築設計課 設計業務
  • おすすめのSA

    現場の施工管理を担当していた時、建設に携わった思い入れの深い場所が茨木千提寺PA です。地元の木材を利用したデザインが施されていて、とてもあたたかみがあります。
    西日本のさまざまな場所で、自分が携わった建物が増えていくのも当社ならではの魅力ですね。

  • OFFの過ごし方

    一人で過ごす休日は、家でゆっくりとサッカーや映画、ドラマを観ています。
    現在は単身赴任中で、月1回のペースで九州に帰っています。毎日会えない分、帰るたびに子どもの成⾧を見られる感動は大きいです。帰っている間はほとんど家族で過ごしていますが、妻も子どももサッカーには興味がなく、誰も一緒に見てくれません(笑)。

学生へのメッセージ
MESSAGE

当社では、働く会社を変えることなく現場の監理、保全、設計など高速道路に関わるさまざまな業務を経験することができます。私も入社してから現在まで、さまざまな経験をさせてもらったからこそ、今の自分があると感じています。
部署が変わると勉強することが多く大変なこともありますが、そのたびに努力は必ず報われることを実感できます。
私も設計に異動になった当初は、右も左も分からず、毎日ただ時間だけが過ぎていくような辛い思いをしました。しかし今では、それが一生続けたい仕事になりました。
自分でも想像ができない才能や夢を、一緒に見つけていきましょう。

NEXT INTERVIEW

ENTRY
応募する